6月の表紙は高畑充希&岡田将生 モデルプレス独自企画「今月のカバーモデル」

ニュース

Prime Videoにて6月14日から世界独占配信されるドラマ『1122 いいふうふ』(14日:1~3話/21日:4~5話/28日:6~7話)でW主演を務める女優の高畑充希(たかはた・みつき/32)と俳優の岡田将生(おかだ・まさき/34)が日本最大級の女性向けエンタメ&ライフスタイルニュースメディア「モデルプレス」のオリジナル企画「今月のカバーモデル」で、2024年6月のカバーモデルを務めた。

高畑充希&岡田将生W主演「1122 いいふうふ」

本作は、「月刊モーニングtwo」(講談社)で連載開始後から、セックスレス・不妊治療など30代夫婦のリアルを描いた内容や、夫が妻公認の恋人をもつ「婚外恋愛許可制」を導入するというこれまでになかったストーリーで「妻に読ませたくない」、「夫に読ませたい」と話題になり、SNSを中心に男女で登場人物に対して持つ印象が異なると意見が飛び交った渡辺ペコ作の同名コミックを実写化。監督を務めるのは今泉力哉、脚本は妻のかおりが担当し、初の合作で夫婦としてのあり方に一石を投じるマリッジストーリーを描く。

ウェブデザイナーの相原一子(高畑)と文具メーカー勤務の二也(岡田)は、結婚7年目で子供なしの仲良しな夫婦。二也は毎月第3木曜日の夜に恋人と幸せなひとときを過ごし、一子は夫へ不満を抱き始め友人の助言で女性向け風俗店に通い始める。円満な家庭を保つために「婚外恋愛許可制」を取り入れた夫婦の結婚の先にあるリアルが詰まった物語となっている。

◆高畑充希&岡田将生、初共演で夫婦役…互いの印象は?

初共演で夫婦役を演じた2人に互いの印象を聞くと高畑は、岡田について「制限された中にチャーミングさが滲む演技をされる方で、とても品のある方だなと思っていました。共通の知り合いが多くみんなに愛されている方という印象があったのですが、実際ご一緒しても本当に男性女性問わず愛される方だと思いました」と語る。

褒め言葉に照れた様子を見せていた岡田は、高畑について「ずっと一線で活躍していらっしゃる方ですし、たくさん作品も見ているので、どんな作品でも自分の色を出して対応されている素敵な方と思っていたんです。今回共演して、俳優としてのパワフルさを間近で見せていただきました」と話し、高畑へ尊敬の眼差しを見せていた。

そのほか、リアルな夫婦演じるために意識していたことや体当たりで挑んだ撮影の裏話、それぞれの結婚観について聞いたインタビューは後日配信予定。

◆「モデルプレス」トップページにてマンスリープッシュ

「今月のカバーモデル」企画では、俳優、女優、モデル、アーティスト、インフルエンサーなど、様々なフィールドで輝かしい活躍を見せる人物をフィーチャーし、撮り下ろしのWEB表紙を発表。毎月上旬に更新予定で、出演した人物を”今月の顔”として「モデルプレス」トップページにて1ヶ月間にわたりフィーチャーしていく。

「カバーモデル企画に出てほしい人物は?」をテーマにアンケートも実施中で、読者の声を随時企画に反映していく予定だ。

▼記事詳細

https://mdpr.jp/news/detail/4288700

▼カバーモデル特設サイト

https://mdpr.jp/special/cover/